• カゴの中を見る 0

    現在、カート内に商品はございません

  • LOVELESS
「LOVELESS」定番の

2019.05.17

「LOVELESS」定番の"HERITAGE"を今年らしく纏う

毎シーズン、ブラッシュアップされたデザインが登場するカモフラ、タイポグラフィー、スタッズなどを用いた「LOVELESS」の定番コレクション"HERITAGE"。それらのアイテムを、より今年らしく洒脱に着こなすためのポイントをキーワード別に解説。

カモフラージュはスポーティーに傾倒させる

  • Camouflage

    タフな印象が強いカモフラージュのアイテムを、この春夏らしく着こなすのであればスポーティーなテイストに全身をまとめあげるのが正解。ジャケットとクルーネックTシャツは、どちらも織りでカモフラージュを表現しており、ジャガード特有の控えめな光沢感とエレガントさが魅力。そこにバンダナ柄のメッシュショーツとワントーンのスニーカーを合わせることで、軽快かつサマーなムードを先取りしたスタイリングが完成。

タイポグラフィーは幼くならないモノトーンで纏う

  • Typography

    カットソーのフロントには、さり気無いサイズで施されたタイポグラフィーのプリントが光る。さらりと気負わずに羽織れるハイゲージのカーディガンとも好相性で、実は背中にロゴがデザインされたテープが配されているのがこだわり。一方、足元にはカットソーと対象的なビッグサイズの「LOVELESS」ロゴをビーズで表現したラグジュアリーなサンダルを。数箇所にタイポグラフィーを配置しながらも色数はミニマムに、白黒で仕上げれば大人かつモードな印象。

スタッズは夜ではなく、デイ仕様でラフに取り込む

  • Studs

    スタッズはそれひとつでコーディネートにハクをつけてくれる魅力もあるが、ともすれば過度にワイルドな仕上がりになってしまうことも。そこで、美しいパターンで製作された杢調のカットソージャケットと、リゾート感を備えたパイル地のショーツを合わせ、爽やかかつ程よい抜け感を演出。Tシャツとスニーカーに配されたスタッズのハードさが程よくセーブされ、肩の力が抜けた洗練カジュアルスタイルが実現する。

Photo:Shoichi Muramoto Text: Maruro Yamashita Direction: Pomalo inc.

トップへ戻す