《11,000円(税込)以上お買い上げで送料無料》

《新規会員の方限定》今すぐ使える500Pプレゼント!
  • カゴの中を見る 0

    ショッピングカート

    現在、カート内に商品はございません

  • LOVELESS
URBAN MILITARY - 機能一辺倒ではない、上質をまとったラブレス流ミリタリー -

2020.09.30

URBAN MILITARY - 機能一辺倒ではない、上質をまとったラブレス流ミリタリー -

すべての男性服の起源とも言われる軍モノは、男の憧れ。第一義に機能あってこその生地づかいやディテールワークには、とりわけ、目がないもの。とはいえアーバンライフにおいては、現代的にアップデートされたものを、さらりと着こなしたい。たとえば定番のカモフラージュは、さりげなく。たとえば生地には、タフネスと品が同居するものを選ぶ。それが、LOVELESS/ラブレス流アーバンミリタリーSTYLEということ。

MA-1

数あるミリタリーアイテムのなかでも、とりわけ普段着に取り入れやすいMA-1を、生地違いの2種で展開する。ナイロンを採用したベーシックなカーキと、レーヨン混サテン地をまとった、品よく着られるネイビー。後者は、同系色のカモフラージュがさりげないアクセントに。両裾のジップを開閉することによるシルエットの変化で、一辺倒ならぬオーバーサイズを堪能したい。

JACKET

  • ノッチドラペルに二つ釦。一見するには何の変哲もないテーラードジャケットは、しかるべく、生地の持ち味を直球で表現する。生地に採用したのは、特殊マテリアルの「ポンチスエード」。ラグジュアリーなのに、じつはストレッチ性に優れるという機能派だ。さりげなく、裏地にカモフラージュ柄を効かせた。才色兼備、まさに、都市生活者のためのミリタリーウェアと言える。

SHIRT OUTER

色気や品を感じさせるラブレス流の都会派ミリタリーウェアには、あえてトラッドやカジュアルといったアイテムを合わせたい。たとえば、アーバンアウトドアを提案するSouth2 West8(サウスツーウエストエイト)のシャギーツイードコーチジャケットやコットンツイル生地のハンティングシャツ、Needles(ニードルズ)のツイードキャスケット。着こなしに奥行きと、自然素材ゆえの季節感をもたらしてくれる。

M-65

  • 40年以上にわたってアメリカ軍用戦闘服であった傑作フィールドジャケット、M-65。総柄カモフラージュを綿ナイロンのジャカード織りで表現することで、大人の色気ただよう奥行きあるルックスに。同時に、生地の厚みがタフネスをプラス。袖ポケットには、ポリクレストロゴをさりげなくあしらった。モードとミリタリーが同居する、ラブレスらしい一枚。

Photo: Shintaro Yoshimatsu Edit&Text: Masahiro Kosaka Direction: Pomalo inc.

トップへ戻す