• カゴの中を見る 0

    ショッピングカート

    現在、カート内に商品はございません

  • LOVELESS
STAFF SNAP 20AW  vol.1 「セレクトブランドの秋の新作をスタッフがスタイリング」

2020.08.26

STAFF SNAP 20AW vol.1 「セレクトブランドの秋の新作をスタッフがスタイリング」

ラブレスのショップスタッフが着こなす旬なオススメスタイリングをご紹介する『STAFF SNAP』をスタート。
不定期ではございますが、ショップスタッフならではの着こなしをご提案させていただきます!

今回はその『vol.1』として、新作を取り入れたレディーススタイリングをピックアップ。
新作が続々と入荷する中、"気になるけど、チョイスや着こなしに迷う"そんな方も多いはず。
今からチェックしておきたいセレクトブランドの新作を取り入れたスタイリングを、ショップスタッフのスナップにてご紹介いたします。

LOVELESS心斎橋店 / 中川 あぐり / 160㎝ / 36(M)

  • 今すぐ即戦力となるNeedles(ニードルズ)のオーバーオール。
    ウエストとヒップ周りはややタイトめで、メンズライクになり過ぎない女性が着やすいシルエット。
    ノースリーブやカットソーを合わせて大人カジュアルを叶える一着。
    秋冬にはタートルニットやジャケットなどとのスタイリングもオススメです。

  • グッと秋めくチェックのスカートにカットソー生地のタートルネックトップスを合わせてシックでレディな着こなしに。
    カットソー素材だからこそ、スカートやパンツにも合わせやすい万能アイテム。
    マキシ丈スカートの足元には、adidasのスニーカーを合わせてこなれ感を出すのもポイントです。

LOVELESS青山店,ショッププレス / 細井 桃子 / 153㎝ / 34(S)

01

裾のフレアデザインが特徴のデニムワンピースはラブレスでも定番人気なmuller of yoshiokubo(ミュラーオブヨシオクボ)。
デニム素材がワンピースの甘さを抑え、シルエットで程よい女性らしさも叶える絶妙なバランスの一着。
フロントのVネックが深めなのでスッキリとした印象に。
また、合わせるインナーをしっかり見せることが出来るので、柄物や襟のあるトップスとの合わせにもオススメ。
今回のシンプルなコーディネートには、アクセサリー感覚で持てる小さめのバッグや、Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のバレエシューズを合わせて小物にもこだわりを。
着こなし次第でシーズン問わず着用の出来る一着です。

LOVELESS名古屋店 / 林 左也香 / 158㎝ / 34(S)

  • デニムで新鮮さを出すならJOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン)のスリットデニムパンツ。
    フロントに施した大胆なスリットがポイント。
    程よく肌見せをすることで、ヌケ感があり、脚を美しく見せてくれる一着。
    また、ハリコシのある素材と適度なフレア感で、洗練された印象に。
    モノトーンでクールな印象にまとめつつ、トップスには透け感のある素材で今年らしい着こなしがオススメです。

  • 構築的なシルエットのスウェットワンピース。
    着るだけで差のつくモードな着こなしに。
    ショルダーにボリュームのあるシルエットですが、ウエストのシャーリングゴムによりメリハリが。
    グリーンのカラーとプリントロゴもまた、遊び心のある一着です。

LOVELESSグランフロント大阪店 / 渡部 麻里 / 166㎝ / 36(M)

  • 女性らしいだけじゃない透け感。
    クールな印象のグレーとスタンドカラーのクレリックシャツ風が、マスキュリンさとエレガントさを併せ持つアイテム。
    あえてカラーTシャツを合わせて、グレーからほのかに透けるピンクを楽しんで。
    素肌を透けさせる着こなしから、レイヤードスタイルなど幅広く遊べる一着。
    同素材のセットアップとの着こなしもオススメです。

  • 晩夏のオールブラックには、シアー感を。
    カットソーやシアー、ニットなど、素材で表情をつけ、この秋にもまだまだ活躍するシアートップスをレイヤード。
    シアートップスなら夏のコーディネートに早めに取り入れて、鮮度の上がる着こなしに。
    YOHEI OHNO(ヨウヘイオオノ)のシアートップスなら、ただの無地でなく幾何学模様の一枚でも主役使い出来るアイテムです。

LOVELESS本社 / 清水 みゆき / 157㎝ / 34(S)

01

他ブランドにはないデザイン性のあるオールインワンを主役に、ベージュのシミラーカラーでまとめてコーディネート。
バックの大きなタックでボリューム感をだし、フロントとバックでシルエットの異なる一着。
スカーフのようなネックデザインもまた、女性らしさを引き立て、ボリュームに対しドレープ感が柔らかさを出してくれます。
Maison Maigiela(メゾンマルジェラ)の赤いバッグも同系色の着こなしにさらに映える一点。
サンダル合わせはもちろん、秋冬にはブーツ、オケージョンにはヒールを合わせて着こなしを楽しんで欲しいアイテムです。

トップへ戻す