• カゴの中を見る 0

    ショッピングカート

    現在、カート内に商品はございません

  • LOVELESS

2022/07/12

【doublet 2022-23AW 1st delivery release】"THIS IS ME" ダブレット 22AW新作がショップ、オンラインストアで同時発売

毎シーズン見る者を圧倒するユニークなショーを披露している「doublet/ダブレット」。2022年秋冬コレクションでは、ドラマやCM撮影で使用される渋谷スクランブル交差点を再現した栃木の「足利スクランブルシティスタジオ」。ダブレットは今話題のメタバース(オンラインで構築された3次元の仮想空間)から着想を得て、アナログで“バーチャル渋谷”を表現することに挑戦。モデルの顔は、バーチャルヒューマン(CGで作成された人物)であり、インスタグラマーとしても人気の高いimma。背丈や体型、性別も異なる25人のモデルたちがimmaの顔をかたどった3Dマスクを被って、渋谷駅の改札から交差点を力強く通行することで、オンライン上の架空の人物であるimmaが、アナログな世界に飛び出してくるという驚きの仕掛けを表現した。※ランウェイの様子は下記よりご覧いただけます。

22AW 1st deliveryは7/16(土)にリリース。全国のラブレス店舗(青山、心斎橋、天神)とオンラインストア同時発売いたします。

今シーズンのテーマは“THIS IS ME” 

今や当たり前のように耳にするようになった「多様性」という言葉。

井野デザイナーは多様性という言葉にコレクションを通して向き合った。

 


メタバース空間という場所。
ユーザーが自分で設定できる、どこまでも多種多様に広がるアバター。
言うならば超多様性。
そうすると多様性なんて意識せずに、自然と全て公平になるのではないか。
そんな空間が仮想世界ではなく、現実にあればいいのに。

 

そんな願いをパラレルワールドのように存在するもう一つの渋谷スクランブル交差点で表現。
ヴァーチャルヒューマンのimma。通りを行き交うエキストラのアバターたち。
超アナログなやり方で逆説的に表現したメタバース空間。そこで着る服は現実世界の“普通は”なんて境界線はない。
性別や障害の有無で線引きなんて、出来ないファッションで。

人の数だけある個性を、誰もがちゃんと真っ直ぐに言えるように。
「これが私です」と。

 

LEFT : BURNIG EMBROIDERY SHIRT ¥31,900
RIGHT : BURNIG EMBROIDERY SHIRT ¥41,800

LEFT : “HAND-EMBROIDERY” PHOTO STITCH SHIRT<WHITE/BLUE> ¥39,600
RIGHT : “HAND-EMBROIDERY” PHOTO STITCH HOODIE<WHITE/BLACK> ¥46,200

LEFT : BURNIG EMBROIDERY KNIT PULLOVER<IVORY/CHARCOAL> ¥53,900
RIGHT : BURNIG EMBROIDERY TROUSERS<BLACK/D.GREEN> ¥61,600

LEFT : “MADE FOR DISPOSAL” LONG SLEEVE T-SHIRT ¥27,500
RIGHT : “MADE FOR DISPOSAL” T-SHIRT ¥19,800

 

オンラインストアdoublet 商品一覧はこちら(1st deliveryは16日11時よりアップされます)

LIST
トップへ戻す