RESQUE COAT | Loveless

yoshiokubo GROUNDFLOOR

RESQUE COAT

¥62,000

常に直接的なインスピレーションを用いずに、コレクションを造りあげるyoshiokubo
2018FWシーズン、デザイナー久保嘉男は「Forced landing on Mt. Everest.」(エベレストへの強制着陸)をテーマに不時着し、遭難した男性が どう生きたかという物語をコレクションに反映させた。
飛行機の断熱材として用いられているグラスファイバーを剥ぎ取り、仕立て直したようなオーガンジーのオーバーコートや、パンツ、貨物の輸送用に使われるタイベック製のセットアップ、靴をカットアップして造り直したようなシャツなど、極限の状況と yoshiokuboのデザイン性が 融合したコレクションとなっている。
また、今シーズンは立体的な衣服と、その対局にある直線的に裁たれた布でできた衣類が混在したコレクションとなっている。
それは、エベレストの麓で生活する人々の文化と遭難者の文化が入り交じったさまをイメージしており現代的なグラフィックと民族的な柄、ベージュやカーキ、ブラウンといったアースカラーとパープルやオレンジ、レッドといった力強い色混在しているのもまた、久保のそのイメージをアウトプットしたものである。

常に直接的なインスピレーションを用いずに、コレクションを造りあげるyoshiokubo
2018FWシーズン、デザイナー久保嘉男は「Forced landing on Mt. Everest.」(エベレストへの強制着陸)をテーマに不時着し、遭難した男性が どう生きたかという物語をコレクションに反映させた。
飛行機の断熱材として用いられているグラスファイバーを剥ぎ取り、仕立て直したようなオーガンジーのオーバーコートや、パンツ、貨物の輸送用に使われるタイベック製のセットアップ、靴をカットアップして造り直したようなシャツなど、極限の状況と yoshiokuboのデザイン性が 融合したコレクションとなっている。
また、今シーズンは立体的な衣服と、その対局にある直線的に裁たれた布でできた衣類が混在したコレクションとなっている。
それは、エベレストの麓で生活する人々の文化と遭難者の文化が入り交じったさまをイメージしており現代的なグラフィックと民族的な柄、ベージュやカーキ、ブラウンといったアースカラーとパープルやオレンジ、レッドといった力強い色混在しているのもまた、久保のそのイメージをアウトプットしたものである。